偏頭痛の治療について

偏頭痛の治療について

偏頭痛はこめかみ周辺に脈打つような痛みがあるのが特徴です。この病気はあまり深刻ではないと思われがちですが、偏頭痛によって様々な病気を招く原因ともなります。

 

偏頭痛は女性ホルモンが関係していると考えられており、実際に女性の方が偏頭痛になる確率が高いのです。

 

女性ホルモンが乱れると自律神経が崩れて血管の収縮と拡張が激しくなるので痛みを伴うのです。偏頭痛の治療に有効なのは、マグネシウムが多く含まれている緑黄色野菜を摂取することです。マグネシウムが足りないと慢性的な疲労やめまいなどが発症しやすくなります。

 

マグネシウムは血管の収縮を防止することができるため偏頭痛の治療に繋がるのです。症状が重い場合には医師による薬物治療が必要となります。その薬が有効な場合には継続して使用を続けていき、徐々に量を減らしていくことで完治を目指します。

 

イギリスでは美容治療に用いられるボトックス注射が偏頭痛に対して効果的であることが注目されています。ボトックス注射による治療が日本でも一般的になれば、これまでの薬では効果がなかった人にも新たな選択肢が増えることになります。この病気は原因が明確ではないのも特徴です。

 

従って生活習慣の乱れが関係している可能性もあります。

 

睡眠不足や不規則な生活をしていると自律神経が狂ってしまいます。自律神経が狂ってしまうと緊張と緩和が上手くできなくなりますので、規則正しい生活を心掛けることで改善することができます。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。