ずきしらずの実

片頭痛の原因と予防法

頭痛持ちの人に、ずき知らずの実というサプリメントが注目されています。

 

鎮痛剤のように眠気を誘う成分も配合されていませんので、車の運転や仕事にも支障をきたすことなく改善できます。

 

片頭痛は頭部の血管が拡張することにより、頭の片側や両側がズキズキと痛みます。

 

月に1~2度や週に1~2度などと定期的に痛みに襲われたり、季節や天候に左右されることがあり、発作が起きると少し頭を動かしただけで痛みが増しますので、お辞儀もできないほどです。

 

家事や仕事も手に付かず、中には吐き気や嘔吐を伴う人もいて、日常生活にも支障をきたします。

 

原因の多くは夜更かしや多忙な生活、ストレスなどと言われていますが、
規則正しい生活をしているからと言って、痛みの原因が全て取り除かれる訳でもありませんし、
逆に緊張感のある日々を送っていて、それが一段落した時などに痛み出す場合もあり、人間の身体は不思議なものです。

 

 

いずれにしても痛みが治まれば普段と同じ生活ができますし、命に係る病気とは言えませんが、できれば痛みのない生活が長く続くことが理想です。

 

リラックスして痛みを緩和しようと、お風呂やサウナなどでゆっくりするのは、血管を拡張してしまい、かえって痛みを増すことになり逆効果ですから注意しましょう。

 

予防法としては頭を冷やしたり、手ぬぐいなどでやや強めに額を巻くのは、応急処置として効果的です。
なるべく痛みが来そうだという兆候を見逃さないことも肝心です。ずき知らずの実も痛み出しから飲んでも効き目はありますが、痛みのサインが現れた時に飲むことで、早く確実に治してくれます。

 

額の辺りがチクチクしたり、目の前がチカチカするなどは代表的な症状です。

 

イライラしたり眠気を感じるなども兆候の特徴と言われていますが、これは色々な場面で起こることですから、自分の性格上の問題や、単なる寝不足だからと片付けてしまう人もいます。

 

鎮痛剤で対処している人が殆どですが、飲んでいるうちに慣れが生じ、効果が感じられなくなり、次々に銘柄や成分を変えている人も少なくありません。

 

また長期間に渡って飲み続けることで、胃の弱い人は胃痛も引き起こしてしまいます。

 

そんな悩める人のために、ずき知らずの実が効果を発揮してくれます。

 

ずき知らずの実は薬ではなく、オオイタドリやニガリ、マグネシウムなどが成分で、薬ではなくサプリメントですから、鎮痛剤に頼るのは不安になっている人にもぴったりです。

 

強い副作用などもなく安心な反面、本当に効き目があるのか半信半疑で始めた人や、痛みを何とかしたくて藁にもすがる思いで飲み始めた人など理由は様々です。

 

ずき知らずの実の効果にも個人差はありますが、早い人ですと数日で実感できる人もいますし、2~3週間ほど根気強く飲み続けていたら、
いつの間にか痛みがなくなっていたという人もいますので、ある程度の期間は試してみるのが良いでしょう。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。