片頭痛から開放され安心して毎日を過ごすために

片頭痛から開放され安心して毎日を過ごすために

病気でもないのに起こるのが片頭痛です。
病気なら薬を飲んだり、病院に行ったりも堂々とできます。
また、仕事を休んだり、寝ることも出来ます。

 

しかし、頭が痛いだけでは、なかなか仕事や家事を休むことはできません。
でも、ズキズキと脈を打つような痛みや締め付けられるような圧迫感を耐えるのは苦痛です。
また、なんとか我慢しても、今度は痛みによる吐き気や気持ち悪さが出てきてしまいます。
そうなると、その時だけ我慢では済まなくなります。

 

そんな心配や苦痛を持っている方にお勧めなのが、サプリメントのずき知らずの実です。
このずき知らずの実は、薬ではなくサプリメントですので体に強すぎる、かえって負担になることもありません。

 

しかしながら、片頭痛の元になる体質から変えていき、痛み自体も治める作用がありますので、辛い痛みに耐えている方の味方になってくれます。

 

その作用をもたらすのが夏白菊、にがり、オオイタドリの3つの成分です。
どれも自然の成分で安心です。夏白菊という植物は痛みを取り去ってくれ、痛みの発生する体内環境をも鎮めて正常に整えます。
また、にがりである天然の塩化マグネシウムも、ドクンドクンと過剰に反応する体を鎮めてくれます。それによって痛みの原因物質を広げる、強くすることを防ぎ、不快感や痛みも軽減することができます。
さらにオオイタドリという植物も配合されています。この植物を漢字で書くと大痛取りとも書きます。
その名の通り、古来より痛みを鎮めて、頭重を取ってくれます。アイヌ民族が長い間使ってきた和漢としても知られています。

 

この3つが頭の不快感と辛さを鎮めてくれて、痛みが増長する体質を整えてくれます。
ですから、ずき知らずの実で、だんだん痛みが軽くなって来るだけでなく、起こる頻度も減らして、最終的には悩まされない日々に導いてくれます。

 

ずき知らずの実を飲んでいくと、いつ起こるかわからないという不安から、安心へと変えていくことができるのです。
しかし、ずき知らずの実は薬ではありません。ですから、痛いから飲んでみた、30分経てば治まるというような即効性はありません。

 

毎日、飲み続けることで、次第に体の仕組みから変わって、痛みから解放されるのです。

 

ですから、飲み続けることが重要になってきます。
その場しのぎの対策ではなく、長い目で見ると、原因の元から正せるので、より安心できる体質になれます。
もう、痛みを気にする生活をしなくても済みます。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。