痛み止めとずき知らずの実の違い

痛み止めとずき知らずの実の違い

現在、頭が痛くなりやすい人に高い注目を集めているのが、ずき知らずの実というサプリメントです。

 

頭が痛くなっても、薬を飲めば、症状は改善するから問題はないと考える人は少なくないでしょう。
確かに、痛み止めの薬を飲む事で、その痛みを緩和する事が出来ます。
ただ、痛み止めの薬というのは、起きている痛みを抑える為のものです。
ですから、まず痛みが発生する事になります。

 

 

それに対して、ずき知らずの実というのは、痛みが起きにくい体へと変えていく事が特徴です。
サプリメントの為、痛みを抑える薬のように、飲んですぐに症状の緩和が出来るというような効果はありません。
ただ、薬の場合、痛みを緩和させても、体質自体を変える事が出来ない為、痛みが解消しても、後日、再び痛みが発生する可能性があります。
痛みが頻発する人の場合、いつ、その痛みが襲ってくるかと考えると、不安になってしまう人も少なくありません。

 

ですが、ずき知らずの実であれば、体質を改善していく事で、痛みが起きにくい状態を作る事が可能で、痛みに悩まされない快適な生活を送る事が出来る状態にしていく事が出来ます。
そんな、ずき知らずの実は、頭が痛くなる時に感じる、脈が激しく打つような状態にならないように整える成分、そして症状が出た時に、その効果を和らげる為の成分が配合されている事が特徴です。
その為に有効なのが、夏白菊とも呼ばれる、フィーバーフューです。

 

体のリズムが激しくならないように、整えていく効果があり、不安感を和らげる事が出来る植物としても有名です。
同じく、体のリズムが急に激しくならないようにする働きのある、にがりも含まれています。

 

こうした、頭痛特有のリズムにならないようにする効果のある成分だけでなく、自然界の和漢とも呼ばれるオオイタドリも配合されており、いざ、症状が出た時に、その状態を緩和できるようになっています。
これらの成分により、頭が痛いという症状が起きにくい体に変えるだけでなく、痛いと感じた場合であっても、ずき知らずの実を服用する前に比べて、その痛みが少なくなり、日常生活に大きな支障が出なくなる事でも注目を集めています。
日常的に、頭が痛くなりやすい人の場合、仕方がない、痛くなったら、痛み止めの薬を飲むしかないと考えてしまっている人もいるでしょう。
ですが、ずき知らずの実というサプリメントを服用する事で、頭の痛み自体が起きにくい体へ変えていく事が出来ます。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。