片頭痛の治療と効果

片頭痛の治療と効果

片頭痛が起きた時には動かずに安静にしていることが大切になりますが、これはあくまでも症状を悪化させないようにするためであり、痛みの治療には薬を使うようになります。
ドラッグストアなどで購入できる薬はイブプロフェインやアセチルサリチル酸、ロキソプロフェンなどの痛みを抑えるもの、エテンザミドやアセトアミノフェンなどの解熱作用、アリルイソプロピルアセチルなどの神経の興奮を抑制する作用のある成分が含まれています。
市販薬は炎症を抑える作用に重点を置いているため、早い段階で服用するのが効果的です。
しかし予兆がきたからといってすぐに服用するようにしてしまうと、薬物乱用頭痛という新たな症状を生み出してしまう可能性もあるため、市販薬を服用する頻度が高い場合には、頭の痛みの防止につながる「ずき知らずの実」のようなサプリメントを利用するようにしましょう。

 

 

ずき知らずの実は自然に存在するハーブなどを原料に作られているため、飲み過ぎて却って痛みを起こしてしまうという心配もなく、いつ痛みが起こるか分からないという不安からも解消されます。
慢性的な痛みでお悩みの方は、ずき知らずの実を服用しておくと市販薬の乱用から解放されるきっかけになります。

 

病院に通院した場合も処方された薬を飲むという治療法になり、痛みの原因となる血管と三叉神経への刺激を緩和するトリプタン系の薬剤と、血管の拡張を抑えるエルゴタミン製剤が使用されます。痛みが起きる回数が多く、処方薬だけでは抑えきれない場合には、予防薬としてカルシウム拮抗薬や抗てんかん薬などが用いられることもありますが、薬が痛みの予防になっているのか確認するためには2ヶ月以上の期間が必要になります。

 

薬物治療は高い効果を発揮しますが、他の病気を抱えていたり妊娠・授乳中には服用できないことがあり、市販薬と同じように頻繁に飲み続けると、成分の乱用で痛みが起こるようになる可能性があります。
痛みの予防と治療では、薬に頼るばかりでなく他の要因を取り除くことも大切になります。
疲れがたまっていたり過度なストレスを受けてしまうと痛みが発生するケースもあるため、運動や趣味などで心と体をリラックスさせることも重要です。

 

食事のメニューではマグネシウムやビタミンB2などを多く含む食材を利用するようのも効果があります。
生活と食事の改善とずき知らずの実などのサプリメントを組み合わせることで、痛みの発生が抑えられて薬を服用する機会も少なくなります。

 

ずき知らずの実は1袋でおよそ1ヶ月分利用ができますが、慢性的に痛みが起こる場合は割引率の高い定期購入を利用すると1月分がお得に利用できます。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。