簡単!サプリ摂取で片頭痛と無理なく寄り添う方法

簡単!サプリ摂取で片頭痛と無理なく寄り添う方法

片頭痛でお悩みの方は、とりあえず市販の解熱鎮痛薬を服用してなんとか対処しているという方がほとんどだと思います。
しかし、こうした鎮痛薬は胃腸や肝臓、腎臓などに負担がかかるので、特に普段から胃腸が弱いという方や肝機能障害、腎臓病などを患っている方は安易に服用すべきではありません。
また、たとえ現在健康な方であっても内臓に負担をかけることには変わりはなく、鎮痛薬の服用は長期的に考えるとマイナスの効果をもたらしてしまうので、できるだけ体に負担をかけない対策を無理なく実践することが大切ですが、近年注目されているのがサプリメントを利用して体質改善する方法です。

 

片頭痛の痛みが生じるのは、何らかの原因で頭蓋骨内の血管が急激に拡張することによって炎症が生じたり、痛みを感じる神経が刺激されたりすることが主な原因です。
血管が急激に拡張してしまうメカニズムは十分に解明されているわけではありませんが、マグネシウムなどのミネラル不足によって血流が不安定になっていたり、血管の収縮を促すセロトニンというホルモンが一度に過剰に放出されたりすると、血管が拡張しやすくなることがわかっています。

 

こうした血管の急激な拡張を抑えて痛みを生じにくくする効果が期待できるとネットの口コミなどで高い評価を受けているのが『ずき知らずの実』というサプリメントです。
『ずき知らずの実』は血流やホルモンの分泌を整えることで突然襲ってくるあの不快な痛みを改善するサポートをしてくれるサプリメントで、夏白菊(フィーバーフュー)、にがり、オオイタドリの3つの成分が配合されています。

 

夏白菊の葉の部分に含まれているパルテノライドという成分には、血管の急激な拡張の原因となるセロトニンの過剰な放出を抑える作用があります。
海水から塩を取り出した後できる副産物のにがりには、海水に由来する塩化マグネシウムが含まれています。
マグネシウムは血管の拡張をスムーズにしたり、筋肉の過度な緊張を和らげたりするために必要なミネラルなので、欠乏すると血管の急激な拡張が起こりやすくなりますが、にがりはこのマグネシウムを効率的に補給できます。
また、オオイタドリには痛みの原因となる炎症を抑える抗炎症作用や痛みの症状を緩和する鎮痛作用があるので、強い痛みを生じにくくする効果が期待できます。

 

このように、『ずき知らずの実』に配合されている夏白菊、にがり、オオイタドリはそれぞれ異なる効能を持っており、これらの相乗効果であの不快な頭の痛みが起こりにくい体質をつくるサポートをしてくれるので、頭の痛みにお悩みの方は『ずき知らずの実』を毎日飲むことをお勧めします。
なお、『ずき知らずの実』に含まれているのは、日本人が古来より食べ物や薬草として用いてきた天然素材であり、副作用などの心配はほとんどないので安心して利用しましょう。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。