片頭痛に効く成分とは?

片頭痛に効く成分とは?

辛い頭痛は病気の時だけでなく、日常でも起こりやすくなってしまっている人も多くいます。
原因は様々ありますが、パソコンを使うことの多い現代では、光による反応や同じ姿勢の継続、さらには血行や頭の中の信号の反応が過敏になりすぎるなどもあります。

 

特に片頭痛の方は、いつ、どんなきっかけで痛くなるのかわからないので、いつでも薬を持っていなくては不安になる方もいます。
薬は確かに飲めば、ある程度の即効性もあり、痛みも小さくなります。
しかし、どんどん服用していくうちに、体が慣れてしまうため、効き目が弱くなる場合もあります。
また、胃にも負担になり、副作用がないとは言いきれません。

 

そんな心配がないのが、サプリメントのずき知らずの実です。

 

このずき知らずの実は、薬ではないので医療用成分は使用されていません。
こう聞くと、一見気休め程度の弱い効果と思いがちですが、即効性はないものの、飲み続けることで痛みの原因に確実に効いてきて、頻度も減ってきますし、痛みもだんだんと軽くなってきますので、非常にラクに日常生活を送ることができます。
しかし、ずき知らずの実はサプリメントです。そんなに効果をもたらす成分には、どんなものを使っているのか興味が湧きます。

 

ずき知らずの実には3つの成分が配合されています。

 

まず夏白菊という植物です。
この夏白菊には鎮静、鎮痛作用があり、葉や茎を使っています。
薬用として、ハーブの1種として、世界で広く使われている植物です。
植物なので薬のような強い副作用もなく安心です。痛みを抑えてくれ、気持ちも穏やかにしてくれます。

 

次にオオイタドリです。
これも植物です。
頭の重さや痛みを和らげてくれると、昔から日本でも使われてきました。
漢方としても用いられている植物です。
オオイタドリが多く生息している北海道では、アイヌ族も長きにわたり健康にと愛用していました。

 

最後ににがりです。
豆腐を作る時に使うにがりですが、実は頭の痛みに効く効果があります。
にがりの正体である塩化マグネシウムには、痛みを鎮める効果があるので、ズキズキ感を軽減してくれます。

 

この3つの成分が絶妙なバランスで配合されているのがずき知らずの実なのです。
体に負担がないのに、しっかり痛みの元へと働きかけてくれ、嫌な重さや痛みから、解放させてくれるのです。
ずき知らずの実を飲み続けることで、悩みのないアクティブな生活を送ることができるように変わっていきます。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。