辛い片頭痛とは?

辛い片頭痛とは?

頭痛が起きると痛みに気を取られてしまって何もする気がおきなくなったり、イライラしたりします。
一刻も早く痛みを解消したいものですが、痛む部分などによっていくつかの種類に分けられて、それによって対処方法も変わってきます。
中でも片頭痛は多くの人が抱えている悩みで、定期的に起こることから急な痛みに対処できるように薬を常に持ち歩いている人も多くみられます。
特徴は頭の片側がズキズキと脈打つように痛くなり、それがしばらくの間続きます。始めは頭の痛みだけですが時間が経つにつれて吐き気をもよおしたり実際に吐いてしまうこともあり、動くと痛みが悪化することから次第に動けなくなることもあります。

 

このため一旦痛みが起こってしまうと、仕事や勉強、家事や育児などが疎かになってしまって、痛みが治まるまでの間じっと耐えているしかないのです。
痛みを解消するには安静にしていることが大切になり、患部を温めると血管が拡張して余計痛みがひどくなってしまうので、冷たいタオルなどで頭を冷やすようにします。痛みが起きてしまうとどうにもできなくなってしまうので、動けなくなる前に予兆が現れた段階で薬を飲む場合もあります。

 

痛みが起こるときには目がチカチカしたり視界の一部が見えにくくなる前兆が起こるのですが、すべての人に見られる症状ではなく個人差があるため、痛みを抑えるために薬を飲むタイミングは人によって異なります。
痛みが頻繁に起こり普段からよく薬を飲んでいる場合には、却って痛みを誘発していることがあり、薬を利用する回数が月に10日を超えるような時は、薬物乱用によって痛みが起こっている可能性もあるため注意が必要です。
痛みに対する不安があり、どうしても薬を飲む回数が増えてしまう場合には、薬ではなく「ずき知らずの実」というサプリメントを飲んでみるのもおすすめです。

 

ずき知らずの実は、植物から抽出された天然の成分からつくられているので、副作用の心配がなく安心して飲むことができます。
ずき知らずの実に使われているのは、夏白菊やオオイタドリといった植物とにがりなどのミネラル分で、こうした成分があの特徴的なズキズキする痛みを抑えて、もし痛みが発生した時にはそれを和らげるような作用をします。
薬を乱用していると痛みに対して次第に効き目がなくなってくるため、ずき知らずの実などのサプリメントを飲んでいることで、急激な痛みに襲われた場合にも薬が効きやすくなります。
痛みがひどいとその不安も大きくなりますが、ずき知らずの実を飲んで痛みに備えておくことで安心できます。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。