頭痛の解消法

頭痛の解消法

頭が痛いと思ったときには、ほとんどの人はまず鎮痛剤や鎮痛剤が配合された風邪薬を思い浮かべます。
さまざまな鎮痛剤が薬として販売されると同時に、がんなどの末期医療を含めて痛みのコントロールに対しては現代医療は目覚しい発展を遂げました。

 

しかし、このような痛みのコントロールは全てが対処療法でしかありません。
日常的な痛み、偏頭痛のような原因がはっきりしない痛みにも対処法でしか対応はできません。原因がよく分からないので、治療のしようが無いのです。

 

原因がはっきりしない・・・そんな場合によく使われる言葉が体質です。
西洋医学では人間の身体をパーツと考え、病気の原因はパーツの故障であるとしています。
そのような考え方で治るケースも多いのですが、どうしても解明のできない病気は沢山あります。例えばアレルギーもその一つです。
未だに治療法は見つかっていません。アレルギー疾患の治療法は全てが対処療法でしかありません。
しかし、人によっては体質改善で治る場合もあります。

 

花粉症もその一つで、人によっては特定の栄養素を摂取することで、完治してしまう場合があります。
これはどちらかといえば、西洋医学ではなく東洋医学の考え方に近い方法が有効だったためでしょう。

 

ずき知らずの実の作用はこのような体質改善を行うことで、頭痛に対して予防的な効果があると考えられています。
古来から薬として利用されて来たのは漢方でした。
漢方の考え方は、一つの病はバランスの乱れで起こると考える事が基本です。
原因はバランスの乱れだとすると、痛みの原因は脳への血流が悪くなって起こっているのかもしれません。

 

血流障害を解消するのがずき知らずの実に配合されている塩化マグネシュウムです。
また、フィーバーフューの成分であるパルテノライドにも血行障害を解消する作用があります。
古来からハーブを治療に用いてきたハーバリスト達が好んで使ってきた、鎮痛、解熱剤としてももちいられるハーブです。
そして、オオイタドリはアイヌが古来から使用してきた、鎮痛効果を持つ和漢です。これだけ見るとまるで漢方薬の処方のようです。

 

ずき知らずの実はこの3つの天然成分を主原料とした、東洋医学的な考え方で作られているサプリメントです。
痛みに対処するのではなく、痛みの原因となる体のバランスが崩れないように防ぐことが、ずき知らずの実が持つ効果です。

 

ずき知らずの実を毎日取り続ける事で痛みを予防できる体質を作りましょう。


当サイト管理人が「ずきしらずの実」を実際に試してみました!
その効果が気になる方はこちら。